カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 産院の選び方★大学病院の良い点と悪い点
産婦人科・産院

[8w]産院の選び方★大学病院の良い点と悪い点 [妊娠・出産の体験談]

6259人に読まれました
2016-04-20 17:16
大学病院、個人病院、助産院などたくさん分娩施設ってありますよね?
たくさんあるとどこで出産すればいいのか悩んでしまいます。

私の場合の産院の決め手を書いていきますので、悩んでいる方の参考になれば幸いです。
  • 私の場合は!

    助産院でフリースタイル分娩をしたり、ラグジュアリーな病院でマタニティヨガやエステを受けたりしてもいいかなと検討はしていました。
    でも実は妊娠する前からどこで出産するか決めていたんです。

    第一条件が実家の近くの病院で、候補には大学病院、総合病院があったのですが、体外受精だったから何かのリスクがあったら困るのと、NICUがある施設が良かったので大学病院を選びました。

    結局切迫流産になったときも継続してみてくれたので、転院の必要もなかったのでその点は良かったです。
  • 待ち時間が長い

    個人的に不満はありませんが、難点は幾つかあります。
    まず外来の待ち時間が長いことです。ひどいと緊急手術などで三時間待つこともありますが、不妊治療のクリニックで慣れているのでそこまで気になりません。
  • 費用が高い

    ハイクオリティなサービスをしてくれる病院は出産費用が高いのは知っていましたが、大学病院もそれなりに費用がかかります。
    設備は正直よくありません。
    それでも総合病院と比べると出産費用は10万円以上高いですね。
    安心するためと考えるとしょうがないかなぁとは思います。

みんなへメッセージやアドバイス

私のように心配症の方は大学病院の方が安心だと思います。
特に人気のある産院は5週くらいで予約が埋まってしまうみたいなので、都内で出産される方はあらかじめ考えていたほうがいいかもしれません。
1

妊娠8w前後の体験談

上へもどる