カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 初めての風邪…対応と薬について
病気と症状

[0歳2ヶ月]初めての風邪…対応と薬について [育児の体験談]

2512人に読まれました
2016-12-06 11:55
第二子の息子の経験について書きたいと思います。
上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。
息子は生後一ヶ月半の頃のことです。
  • まずは娘が風邪をひき…

    保育園通いの娘は、しょっちゅう風邪を引いていました。
    集団生活をしている以上仕方がないですし、咳、鼻水が出ても娘自身は元気なことがほとんどだったので、娘に対してはあまり心配せず、かかりつけ医に相談して風邪薬を処方してもらい対応していました。

    今回も同じように風邪をひき、薬で対応していたのですが、いつもより若干長引いているのが気にはなっていました。
    上手に鼻をかめず、袖口で拭いたりして、その手で息子に触ったり撫でたりしていたので注意はしていました。
  • 息子の鼻がぐずぐず…

    寝ている間に鼻息が聞こえ、いつもより鼻が鳴っているなぁ、と思ったら、呼吸がぜいぜいしてくしゃみをするようになりました。

    その後咳き込むようになり、おっぱいやミルクも上手に飲めなくなってしまいました。
    痰が絡むようで、咳き込んだ時にはミルクと痰を吐き出すようになり、機嫌の悪い時間が続きました。
  • 病院受診、お薬処方

    娘のかかりつけ医とは別に、産院に行って相談しました。
    すると、聴診器で胸の音を聞き、呼吸音がぜいぜいしているということで、現在はやっているというRSウイルスの検査をすることになりました。
    結果は陰性だったのですが、状態を改善するために、薬を処方してもらいました。

    薬は抗生剤と調整剤を混ぜた粉薬、そして咳止め、痰を出しやすくする薬混ぜたシロップの 2種類が処方されました。
  • 薬の飲ませ方

    ミルクに混ぜたりすると、嫌がってミルクも飲まなくなる可能性があるので、できれば別に飲ませた方がいいと注意を受けました。

    完全母乳の方は関係ないかもしれませんが、私は混合栄養だったので、哺乳瓶を嫌がられると大変です!
    なので、飲ませる時は哺乳瓶も使わないようにしました。

    シロップは、シロップの容器とセットになっている蓋にいれて、少しずつ飲ませました。
    冷たいものは飲ませたことがなかったので、湯煎で少し温めてから飲ませました。
    少し吐き出してしまったのですが、ほとんど飲み込むことができました。

    続いて粉薬は、小皿にあけて少量のぬるま湯で溶いて、プリンなどについてくる小さなプラスチックスプーンでひとさじずつ、
    舌の上に乗せるようにしながら飲ませました。
    嫌がる仕草を見せ、頭をいやいやと振りましたが、なんとか飲み込みました…
    最後に少しだけおっぱいを飲ませて、口の中に薬が残らないようにしました。

    薬は毎食後、1日3回と言われましたが、だいたい朝昼夕にミルク後、4時間をあけて服用するようにと指示をうけました。
  • 三日後再受診!

    薬は3日間飲み続け、状態も快方に向かいました。
    三日後に再受診の予定になっていたので、予約して受診。
    薬は飲みきり、もし不安なことがあれば再受診してくださいということになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

免疫があるから大丈夫!と油断していると、早期に風邪をひくこともあります…
特に兄弟がいるご家庭は要注意ですよ!
脱水症状に陥ったりすると、入院治療が必要になることもありますので、ぜひ気をつけてあげてください。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる