カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. よく遊びに行ったスポット(春編)
遊び・あやし

[1歳4ヶ月]よく遊びに行ったスポット(春編) [育児の体験談]

142人に読まれました
2015-11-29 23:56
長女が1歳4~6ヶ月で長男が生まれたばかりの春、実家滞在中には毎日のように公園で遊びました。3月上旬に義実家の町で長男を出産し下旬には実家に移動したのですが、私が妊娠後期だったことに加えて季節は冬だったことから、お腹を張らせるためのウォーキングにはたくさん付き合ってもらったものの公園で遊ぶことは少なかったこともあって、公園に連れて行く度、大喜びで遊んでいました。

近所から徐々にいくつもの公園を渡り歩きましたが、どこに行ってもすべり台がいちばんのお気に入りで、滑る部分(傾斜の部分)からしか登れなかったのが階段で登れるようになり、小さい滑り台しか登れなかったのがかなり大きくて長いものにも上れるようになり・・・と、日々できることが増えていくことをとても楽しんでいる様子でした。
ときにはお菓子やジュースをおやつとして持参したり、サッカーボールを持っていったり、毎日毎日飽きることはありませんでした。我が家は市販のジュースは与えていなかったんですが、解禁したのはそういえば公園通いのためでした。

誰に似たのか娘はとても社交的な性格で、公園に誰かがいたら必ず寄って行って一緒に遊ぼうとします。年下の子だろうが歳の離れた大きな子だろうが、遊びの輪の中に入れてもらえることがほとんどだったのでとても有難いなと思いました。小学校高学年の女の子グループなんかは抱っこして滑り台やブランコをさせてくれるので、一時間以上も私は遠くベンチから見ているだけだったこともありました。

今こうして書いていても当時の彼女の言動が思い出され、もうあのときには戻らないんだなーなんてしんみりしてしまいます。長男が生まれるまで昼間はずっと二人っきりで過ごした娘と、「今度から〇〇(弟)も一緒に遊べるね!」と言いながら遊んだ、思い出の春でした。
2

上へもどる