カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 胎児は天才?妊娠がわかった時点から話しかける?!胎教の効果
妊娠中の生活

[28w]胎児は天才?妊娠がわかった時点から話しかける?!胎教の効果 [妊娠・出産の体験談]

6523人に読まれました
2016-09-05 15:40
胎教の本を頂きました。

その本によると、赤ちゃんの耳が聞こえてくるよりも前の妊娠がわかった時点から、お腹向かって話しかけましょうとのことです。

クラシックを聞かせると頭の良い子に育つ、情緒が安定するので胎教がよいというのは聞いたことがありますが、それだけでは不十分だそうです。

まず妊娠がわかった時点で名前を決めて呼びかける、また話しかける際は普段の会話だけでなく、計算の仕方や英語、論語を聞かせると良いと書いてありました。

赤ちゃん知的好奇心を満たしてあげると夜泣きやぐずりをしない、社交的で言葉の早い頭の良い子が育つらしいです。

それを読んでびっくり。妊娠後すぐなんて性別もわからないのに名前どうやって決めるのか、そもそも論語の内容を赤ちゃんに教えられるほど詳しくは知りません。

1人目の時は余裕があったのでなんとなく話しかけたり、夫もたまに行ってくるよーなど声をかけていたのですが、2人目のときはそんな余裕はなく、むしろ上の子の泣き声や自分の怒る声なども聞かせてばかりいたような気がします。

クラシックなんてもっての他でした。3人目も今からやれば間に合うはずですが、夫は上の子たちにまとわりつかれ、妊娠していることすら忘れていそうだし、いっそのことなにもやらないことにしてみようと思いました。

子供たちはぐずりはしますが、夜泣きは1回もせず言葉はかなり達者です。もし胎教の差で学習能力に明らかな差が生じてしまったら申し訳ないことをしてしまったと思いますが、今のところ普通、といった感じです。

胎教の差がこれからひろがっていくのか?まったくやらない3人目赤ちゃんはどうなるんだ!?と違いが楽しみです。

みんなへメッセージやアドバイス

本当にぐずらない子っているのか半信半疑です。
1

妊娠28w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる