カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. ご飯を食べない長女と食べ過ぎる次女
幼児食

[3歳]ご飯を食べない長女と食べ過ぎる次女 [育児の体験談]

444人に読まれました
2015-12-03 15:49
おっぱいを卒業した次女、とにかくご飯をたくさん食べます。
特に好き嫌いせずに野菜も魚もお肉も何でも食べてくれるので助かりますが、たくさん食べてももっともっととなるので、どれくらい食べさせたらいいのか調整に迷います。


そして食べ過ぎな次女より困り者なのが、急にご飯を食べなくなった3歳の長女。
最近は0歳の次女の食べる量の方が多いくらいです。

もともと離乳食の頃からあまり食に興味のなかった長女は卒乳後も多少食べる量は多くなりましたが、次女のように急にガツガツと食べだすようなことはありませんでした。
それでも次女同様好き嫌いなく何でも食べてくれていたのですが、このところ何を出しても半分も食べないうちに「もうごちそうさま!」と大部分を残すようになりました。

おやつを食べ過ぎているのかもしれないと思い、ご飯を決められた分食べられなかった日はおやつはなし、というルールを作りましたが、おやつを食べなかった日もご飯を残したりします。
食欲よりも遊びたい気持ちが大きくてすぐに食卓を離れてしまうことは以前からありましたが、最近になってそれが顕著になってきたように思います。

先に食べ終えた次女が遊び始めると寄ってきて一緒に遊び、いくら食べるように言っても「もういらない」と言う返答ばかりなので、こちらもイライラが募るばかり。
量が多いのかと思って少なく盛りつけて、足りなければおかわりをさせようと思っていてもその少ない盛り付けすら残す始末。
好きなお肉やお魚だけ食べて、野菜のおかずはまるまる残すこともあります。

每日そんな状況で、いつも食事時に怒り怒られてばかりで食事が楽しめなくなってきているので、最近は私も夫も諦めて、食べるだけ食べさせて無理強いはしないことにしました。いつもより食べられたときだけ褒めるようにしています。


周りのお友達の話を聞いても「以前より食べなくなった」「遊び食べばかり」「食欲にムラがある」という声が多いので、そういう時期なのかもしれません。
栄養面が心配ですが、いつかちゃんと食べてくれることを祈って待つばかりです。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる