カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児が始まってびっくりしたこと<新生児>
ママの悩み

[0歳0ヶ月]育児が始まってびっくりしたこと<新生児> [育児の体験談]

5771人に読まれました
2016-11-07 17:28
実際に赤ちゃんを産んで育児が始まると、びっくりすることがいくつかあったので記録してみたいと思います。
新生児期の赤ちゃんについてです。
  • おっぱいを吸う力が強い!

    出産後、分娩台の上で初乳をあげたのですが、吸う力がとても強くてびっくりしました。
    初めのうちは、ママも赤ちゃんも授乳に慣れないため、浅く吸わせてしまったりして乳首が傷ついて血が出てしまうこともありました。
    痛くても赤ちゃんはおっぱいを欲しがるし、我慢して痛みに耐えながら授乳していました。
    授乳用の乳頭保護器はうまく使えなかったので、乳首に馬油を塗ってラップで保護していました。
    時間が経つにつれて授乳のコツも掴み、深く吸わせられるようになって痛みはなくなりましたが、傷が治るまでは痛くていつも緊張しながら授乳していました(笑)
    一人目でコツはつかんでいましたが、やはり二人目も授乳し始めのときは乳首が傷ついて痛かったです。
    でも、産まれてすぐ誰に教えてもらったわけでもないのにおっぱいの飲み方が分かるってすごいなーと思います。
  • 産まれた時からすでに爪が長い!

    お腹にいたときから伸びているので当たり前といえば当たり前なのですが、初めて見たときは、「えっ何でこんなに長いの?」とびっくりしました。
    二人目のときは、しょっちゅう顔を引っ掻いてしまったので、看護師さんに赤ちゃん用の爪切りを借りようとしたのですが、産まれてすぐだと指の肉まで切ってしまう恐れがあると言われ、ミトンを貸してもらいました。
    病院によっては爪切りを貸してくれるところもあるみたいです。
  • 寝ない・・・

    赤ちゃんって、産むまでは、おっぱい飲んでひたすら寝てるイメージだったのですが、予想外に寝てくれませんでした。
    特に一人目は昼夜逆転で昼は寝るのに夜は寝ないということが続き、夜中に赤ちゃんも泣き、自分も泣きながら必死に寝かしつけをしていました。
    抱っこで寝ていてもおろすと起きてしまうので、抱っこして座ったまま寝たこともありました。
  • アニメのようにおしっこが飛ぶ!

    一人目は男の子だったので、オムツを替えている途中で飛ばされることが何度もありました。
    おしっこキャップは意外と高いので、おしりふきをあててささっと素早く替えていました。
    二人目は女の子ですが、びっくりなことに、勢いがいいと女の子もおしっこを飛ばします。。。
    入院中に飛ばされてびっくりしました(笑)
    でも女の子は基本的にはちょろちょろ出てお尻の方におしっこがたまる感じなので、オムツをぱっと見ただけだとオムツのおしっこマークが青くなってないので、「あれ?してない?」とだまされることもしばしば・・・(笑)
    実際お尻のほうは青くなっています。
    男の子は前に飛ぶので、オムツをぱっと見ただけですぐにしてるとわかったので、男女でこうも違うものなんだな~と思いました。
  • 虐待してしまう親の気持ちがわからないでもない

    子どもを産むまでは、虐待のニュースを見ると、「せっかく授かった命なのにどうしてそんなことをしてしまうのか」と思っていましたが、寝ない、泣き止まない、おっぱいを飲んでくれない・・・いろんな理由でイライラして、「あ、こういうことの積み重ねで虐待してしまうのかな」と思いました。
    虐待まではいかないにしても、夫婦二人だけの生活で周りに頼れる人がいない状況だと、うつのような状態になってしまうというのもわかる気がします。

みんなへメッセージやアドバイス

初めての育児はわからないことだらけで驚きの連続かもしれません。
最後の虐待の話ではないですが、もしも不安なことやわからないことがあったら、地域の保健師さんや産院の助産師さんなどに相談してみてください。
話を聞いてもらえるだけでもすっきりした気持ちになると思います。
自分ひとりで抱え込まず、周りに頼ってください。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる