カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. もしかして乳腺炎?激闘の一日
授乳

[0歳2ヶ月]もしかして乳腺炎?激闘の一日 [育児の体験談]

556人に読まれました
2015-12-04 07:53
先日、乳腺炎と思われる症状に襲われました…

乳腺炎かな?と思ったのは高熱が出て乳房に痛みが生じたからです。

まず早朝、全身の寒気で目が覚めました。
雪国で、最近かなり冷え込んでいたので、深夜の授乳のときに体が冷えたのかな?と思い、布団に深くもぐっても変化はなし。
日曜日だったのでゆっくり眠りたかったのですが、一向に収まる気配のない寒気…。
体がブルブル震えるほどの寒気は初めての体験でした。

午前9時頃まで寒気に耐え、隣に眠る夫を起こして訴えましたが、ただ寒いだけだと思われ抱き締められる始末(笑)
寒いだけならそれでよかったんですが、どうも違うのか震えはおさまらず。
そのまま二度寝してしまった夫を再度起こして熱を測ると【37.1℃】でした。

平熱が35℃台なので、微熱というよりも私にとってはそこそこの熱です。
はじめは風邪かと思い、食欲もなかったのでその日の予定は諦めてひたすら眠ることにしました。

授乳の時だけ起きて、あとは息子を夫に任せてひたすら爆睡。
日曜日で本当によかったです…。

昼頃起きて夫の昼食を用意し、食欲はないながらも私もあたたかい甘酒だけ飲むことにしました。
米麹の甘酒ならノンアルコールだし、飲む点滴と呼ばれる甘酒は体調不良のときに重宝します。

その後熱が上がってきた気がしてまた測ると、なんと【39.2℃】!
平熱が低く、インフルエンザでも38℃以上出たことのない私には未知の世界でした。

乳房も熱を持っていて、乳腺炎かな?とここで思いました。
しかし乳房に張りはなく痛みのみで、乳腺炎かどうかは怪しいレベルだったのですが、調べたら必ずしも張るわけではないとのこと。

授乳をこまめにすることにしてそれ以外は引き続き夫に息子を任せ、ひたすら眠ることに。

おでこと胸に冷えピタを貼り、葛根湯を飲んで眠って汗をかいたのがよかったのか、夕方には微熱に戻りました。

熱は比較的あっさり下がってくれたので、乳腺炎のなり始めだったのかな?

ただ頭痛・めまい・乳房の熱と痛みはまだあって、特に乳房に関しては息子に吸ってもらわなければ治らないと思ったので、いつもと体勢を変えたりしてこまめに授乳。
それでもなかなか赤みと痛みが引かず、痛い方を下にして眠れないので結構つらかったです…。

暴飲暴食してなくても、疲れや寝不足などふとしたきっかけで乳腺炎になることもあるんだと知り、体調管理には気を付けようとしみじみ感じました。

何度も言うけど、日曜日で本当によかった!

みんなへメッセージやアドバイス

食べ物で詰まるイメージの強い乳腺炎ですが、寝不足や冷え、疲れでも発症します。
細切れ睡眠でしっかり疲労をとるのは難しいですが、休めるときにしっかり休んで疲れを持ち越さないようにしましょう。
1

上へもどる