カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊活中の妊娠報告〜辛かったことと良かったこと〜
妊活

[27w]妊活中の妊娠報告〜辛かったことと良かったこと〜 [妊娠・出産の体験談]

999人に読まれました
2015-07-08 10:49
私は去年の7月に結婚し、8月に初めての妊娠発覚、9月末に9w6dで稽留流産となりました。その後妊活を始め今年1月末に再び妊娠発覚して、今に至ります。

妊活の辛さはしている人にしか分からないものです。また流産後というのは一度妊娠した幸せを知っているだけに、それが忘れられず辛くなることもあります。

私が妊活中辛かった出来事は、旦那の友達の奥さんの妊娠報告でした。自分の友達のときは「よかったねー!」と素直に思えたのに、なぜか旦那の友達が電話でとても嬉しそうに報告してきたときはとても辛く感じてしまいました。
もちろん電話中はテンション高めに「おめでとー!」と言ったりしていたのですが、旦那が電話を切った瞬間にボロボロ涙が出て来て、大泣きしてしまいました。
さらにその1ヶ月にまた別の旦那の友達から奥さんの妊娠報告を受けたときは、もう息が止まるんじゃないかと思うぐらい泣いて泣いて、泣きました。

妊娠は競争ではないのは分かっているけど、先を越されてしまったという悲しみ。自分が妊娠継続出来ていれば今ごろ...という悲しみ。旦那も同じように辛く感じているのが手に取るように分かってしまう悲しみ。
流産後から積み重ねてきて、抑えていたいろいろな悲しさが一気に溢れて涙が止まりませんでした。

幸い旦那は私の気持ちを分かってくれ、電話を切ったあとすぐ抱きしめてくれて引くほど泣く私にも引かずに、ずっと一緒にいてくれていたので、とても悲しいけど「この人と夫婦になれて、本当によかった」と心から思えました。

あのときは本当に悲しかったけれど、改めて旦那の優しさを感じて感謝することができて本当によかったと思います。私達が夫婦としてより絆を深められたのは、この妊活の時期があったからだと心から思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

妊活中は辛いことも多いかと思います。そんなとき1番の理解者である旦那さんと共に支え合えれば、辛いことは本当に半分になると思います。
1

妊娠27w前後の体験談

上へもどる