カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 行ってきましたNST検査
産婦人科・産院

[35w]行ってきましたNST検査 [妊娠・出産の体験談]

1416人に読まれました
2015-12-15 14:23
NST検査って知ってますか?日本語ではノンストレステスト、とか言う検査で、私が通う産科では妊娠36週以降の妊婦さんに、必要に応じてするそうです。内容は、お腹に器具を当てて待つこと数十分。何をするでもなく、動くわけにもいかず、妊婦なのになぜか上向きに寝かせられてする忍耐力のいる検査です。赤ちゃんの心拍を計測しながら、子宮の収縮具合も見るという検査で、だいたい30分から40分、上向きの姿勢ですることもなく耐え忍びます。

私がこの間(ちょっと早めですが)NSTを受けた時の経過です。
NSTルームに連れていかれました。そこには椅子が2つ。同時に二人の妊婦の検査が出来るようです。その時は私一人だったので、随分気楽でした。
「お腹出してくださーい」ということで、指示通りに。エコーの時のようにゼリーを塗られます。丸い器具を当てられて、赤ちゃんの心拍が聞こえ始めます。さすが看護師さんと言いますか、どこに赤ちゃんの心臓があるかすぐ分かるようで一発で聞こえ始めます。ゴムでお腹とその器具を固定し、「ではこのまま暫くお待ちください~」と看護師さんは出ていきました。
暇なのがここからで、赤ちゃんの心拍音を聞きながら数十分過ごします。椅子を軽く倒してはもらっていますが、完全に横になれる体勢ではないし、器具を付けているためちょっと動くだけでモニターに出ます。一応後で確認したら、「向きを変えてもらっても構わない」という事でしたが、やはりちゃんと検査してもらいたいしな~ということで出来るだけ、動くのを我慢してました。でも、実際これはかなりしんどいです(+_+)妊娠9ヶ月ともなると、上を向いて寝るのはだいぶキツい。軽く向きを変えながらが一番楽だけど、数分でも動けないとなると腰に痛みが(*´Д`)そう、これはまるで妊娠8か月に行った歯医者での苦痛と同じ。
唯一、良かったなと思えるのは赤ちゃんの元気な心拍音を30分も聞き続けることが出来るという事ですね♪元気な心音をこんなに長いこと聞けるのはこの時が初めてです☆異常がないことが当たり前じゃないのに、ずっと一定のリズムを聞いているとそれが当たり前に感じられて暇と感じてしまう(*´Д`)慣れって怖いですね~(´・ω・`)
1

妊娠35w前後の体験談

上へもどる