カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 入院中から試行錯誤!母乳育児中の便秘対策
ママの悩み

[0歳2ヶ月]入院中から試行錯誤!母乳育児中の便秘対策 [育児の体験談]

2514人に読まれました
2015-12-08 11:08
妊娠中から便秘がちで、処方されたマグラックスを毎日飲むことでなんとか凌いでいた私ですが、正直産後の便秘についてはかなり甘く考えていました。
産後は浣腸も使えるようになるし、妊娠中のように摘便にまで至ることはまずないだろうと…。

しかし、産後の便秘はまた違う意味で恐ろしかったです。

まず産後すぐは会陰切開の傷や、会陰の周りが裂けたこともあって痛みがひどく、トイレでは小をするのがやっとでした。
痛みが収まれば大もできるだろうと思っていたのですが、いきもうとすると想像以上に恐怖があり、なかなかいきむことができず…。
とうとう、入院5日目まで排便がありませんでした。

産後数日してマグラックスを飲み始めていましたが、一度固くなった便をやわらかくすることはマグラックスでもできないため、日数が経ってしまった便はなかなか出ず。
追加で処方してもらった便秘薬も飲んでいました。

追加で処方してもらったのは、水などに数滴たらして飲むタイプのものでした。
寝る前に飲み、出なければ量を増やし、としていましたが、便意すらあらわれず。

結局、助産師さんに座薬を入れてもらってようやく出たのでした…。
  • 退院後の便秘対策

    退院後も便秘は続き、コーラックやイチジク浣腸のお世話になっていました。
    それでも間が空いてしまうと一気に便がカチカチになってしまい、排便困難に。
    母乳が体の水分を持っていってしまうため、一日3リットルは飲んでいましたがそれでも甘かったようです。
  • やっぱり最後はマグネシウム

    処方されていたマグラックスは退院後すぐなくなってしまい、以後コーラックや浣腸、ビオフェルミンなど色々試しましたが、なかなかバッチリ効くものがなく…。

    最終的にマグラックスの代わりになるかと購入した「3Aマグネシア」でしたが、これが効果覿面でした。
    水分が持っていかれてしまう授乳中の便は、やっぱりマグネシウムで柔らかくするのが一番いいようでした。

    いちいち病院で処方してもらわなくてもこれなら市販されているので、入手も楽になりました。

    食生活に気を付けていても全く改善されなかった便秘が一気に解消され、今では毎日排便があります。
    授乳中は便を溜め込むことが本当によくないので、断乳まではお世話になる予定です。

みんなへメッセージやアドバイス

授乳中はびっくりするくらい母乳に水分を持っていかれ、便がカチカチになりがちです。
手っ取り早いのはやはりマグネシウムだと感じましたが、食生活の見直しをはじめ、自分に合ったやり方をなるべく早い段階で確立することが排便ストレス解消につながると感じました。
毎日のことなので、少しでも早くストレスをなくしたいですね。
1

上へもどる