カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 子宮外妊娠~流産…そしてついに妊娠!
妊活

子宮外妊娠~流産…そしてついに妊娠! [妊娠・出産の体験談]

714人に読まれました
2015-12-08 16:26
わたしの妊娠に至るまでのことを思い出して書いてみます。

  • 子宮外妊娠で手術!

    結婚して半年が経つころでしょうか。私も旦那も子どもを望んでいました。とくに、「妊活」といわれるようなことはしていませんでしたが、基礎体温をつけて排卵日だろうと思われる時には子作りに励んでいました。

    その月の生理は、いつもよりも重く、生理痛も普通に歩くことに支障が出る程でした。
    「なんかおかしい…」そう思ったわたしは、婦人科で診てもらうことに。
    でも、内診でもおかしいところはないし、生理痛が重い月もあっておかしくないから…。といわれ、鎮痛剤のみ処方されて帰宅しました。

    その2週間ほどあと、いつものように仕事をしていると、急にとてつもなくお腹が痛くなりました。冷や汗が止まらず、立ち上がれなくなりました。職場の人が救急車を呼んでくれて、病院へ!

    すると、なんと!子宮外妊娠していたのです!着床した受精卵が、卵管にあったことで生理の現象もあり、まったく気付かなかったのです。

    急激なお腹の痛みは、卵管にあった受精卵が破裂したことによるものでした。2週間前に婦人科で気づいてもらえなかったことにモヤモヤしつつ…とにかく緊急で破裂した受精卵を取り除く手術をすることに!

    仕事中の旦那に、病院から電話をしてもらい、旦那もすぐに来てくれました。

    運よく、卵管の破損はしていなかったことで、卵管は残すことができました!ただ、卵管の機能が弱いということで、妊娠はしにくいかもしれないと言われました。

    病室で、たくさん泣きました。子宮外妊娠だったとしても、妊娠したという事実、そしてその初めての赤ちゃんがいなくなってしまったということ。次の妊娠がまた子宮外だったら…という不安。
    いろいろなことで涙が止まりませんでした。
  • 次は流産…

    その1年後。妊娠検査薬で陽性反応が!さっそく産婦人科に行きました。
    小さすぎてまだ映らない、ということで、また1週間後に来るように言われました。
    その時に予定日なども言われて、赤ちゃんが生まれるんだ~ととても嬉しい気持ちになったことを覚えています。

    しかし、この赤ちゃんもまた、わたしたちのもとへは生まれてきてはくれませんでした…。流産でした。

    初期に流産する赤ちゃんは、ママに問題があるのではなく、赤ちゃんの方になにかしら理由があるから、自分を責めてはダメ、と言われました。
    それでも、やっぱり悲しくて、たくさんたくさん泣きました。
    でも、前に進まなきゃ!新しい命がわたしのもとに宿ってくれる日がくるために、きちんと体を整えなきゃ!
    そう切り替えることにしました。
  • 2年後、ついに妊娠!


    そして、それから2年が経ち、そろそろ本格的に不妊治療について調べてみようかと考え始めていた頃!赤ちゃんはやってきてくれました。
    不妊治療、とまではいきませんでしたが、赤ちゃんが出来やすい体質にしようとホルモンバランスを整えるサプリメントを摂取したり、食事に気をつけたり、体を温めるようにするなどはしていました。
    その成果があったのだとわたしは思っています!

    安定期に入るまでは、「また流れてしまったら…」と思うと不安でいっぱいで、ハラハラしていました。

    つわりもひどく、大変な妊娠期でしたが、無事に妊娠、出産することができました!

みんなへメッセージやアドバイス

子宮外妊娠から赤ちゃんを授かるまで、数年かかりました。赤ちゃんができにくいかもと言われて悩んだ時期もありました。
でも、今では2人の子どもに恵まれて幸せいっぱいです!
1

上へもどる