カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 歯・磨・き・上手かな~?歯磨きを泣かずにしてくれるまでの道のり
産後

[3歳]歯・磨・き・上手かな~?歯磨きを泣かずにしてくれるまでの道のり [妊娠・出産の体験談]

269人に読まれました
2015-12-08 23:21
こどもの歯磨きって慣れてくれるまで個人差はあるにせよけっこう大変じゃないですか?
うちの息子は慣れるまで約1年半位かかりました。そうなるまでの過程を書いてゆきます。
  • 赤ちゃんの頃

    まず歯ぐきだけの頃はなれてもらうようにゴム製の歯固めのようなタイプを使用していました。
    その後2本~4本になるとササッとみがいて終了。
    特に嫌がる様子もなく、こんなにかんたんなものなんだ!と思っていました。



  • 生えそろった頃

    しかし、次第に歯の本数が増えてくると最初は開けてくれてた口を頑なに閉じようとして抵抗し始めました。何か嫌になるキッカケがあったのだと思いますが分かりません…

    しまいには大暴れして泣くというパターンに展開。(^_^;)


  • あの手この手

    ちょうどしまじろうのDVDの中に歯磨き楽しいねー!という内容のものがあったので洗脳作戦開始!そして私の歯磨き姿もしょっちゅう見せたり夫を寝っ転がらせて私が磨いて見せたこともありました。何度も(^_^;)

    教育番組でも歯磨きのシーンがあると録画し、その部分を何度も繰り返して恐怖心を取り除こうと躍起になっていました。


  • 馬乗り

    なるべく優しく褒めちぎって口をどうにか開けさせていたものの、やはりそこは気分によって毎日違う反応なのでした。
    どうしても最初から嫌がる時は最終手段の馬乗りで磨くしか他なかったです。
    ものすごく怖いだろうけど、そうしないと埒があかなかったので(^_^;)
    これ、通報されたりしないかな?と心配になるレベルの泣き方をしたことも…
    私の手を噛まれたりもありました。窮鼠猫を噛む的な(^_^;)

  • それでもめげずに…

    1日3回は親も子もさすがに疲弊してしまう為、夕飯後を念入りに磨けばいいかという結果に至りました。うがいも出来なかった頃は歯磨きシートでささっとなでるように磨き、水を飲ませる。これをしばらく続けました。夕飯後はもちろん…馬乗りです (笑)


  • 他の子の磨く姿を見せる

    実家に帰省した時のこと、息子より少し先輩の姪っ子が自分でシャカシャカやっていました。
    これだ!と思い、息子の前で姪っ子を盛大に褒めまくりました。息子にも「姪っ子ちゃんすごいね!」と伝えました。帰省時期がかぶり、最大で1ヶ月程滞在することもあったので夏、冬と同じようにして、あとは継続してしまじろうや教育番組の歯磨きコーナーを見せ続けたりぬいぐるみの歯を磨かせたりして遊ぶ延長で楽しいよというのを教えていきました。


  • 3歳を過ぎた頃

    イヤイヤ期がひどかった為2歳代は馬乗りしっぱなしでしたが、3歳を過ぎた頃にようやくアーンと開けてくれるようになりました。
    「わーーーー!!とっても磨きやすい!!ありがとう♡」とこちらが喜ぶとそれからはずっと開けてくれるように…今では自分で磨き、私が仕上げをするという理想形を実現!!

    「ありがとう」「助かる~」「嬉しいよ」の言葉は効きます!!

みんなへメッセージやアドバイス

歯磨きのDVDや番組でのコーナーがあるのだから歯磨きって慣れるまで苦労するものなんでしょうね(^_^;)でも!色々創意工夫して根気よく続けていればいつかは自分で磨けるようになります!!今音をあげてしまいそうなお母さん!頑張って!!まず仕上げ磨きをした自分を褒め、お子さんにもよく頑張ったねと褒めてあげてくださいね(*^^)
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる